眼精疲労の対策を練る【良い栄養で目の健康ガード】

目の疲れを解消するには

青紫の果実の中の栄養成分

女性

ブルーベリーは、ツツジ科の低木になる青紫の小さな果実で生で食べてみると少し酸味があります。生で食べるよりジャムやお菓子、ジュース等に使われており、食べたことがあるという方も多いのではないでしょうか。近年では、ブルーベリーに含まれている栄養素が目の疲れを改善する、視力低下予防に効果があるとして注目されています。ブルーベリーにはポリフェノールの1種であるアントシアニンという成分やビタミン、食物繊維等が含まれています。ブルーベリーに含まれているアントシアニンには抗酸化作用があり、体を酸化させる活性酸素を抑える効果があるといわれています。ブルーベリーに含まれるアントシアニンの抗酸化作用が目の疲れを解消させ、視力低下を予防します。

目を守り老化予防にも

ブルーベリーには様々な栄養素が含まれていることは既に述べました。ブルーベリーには、アントシアニンだけではなく、ビタミンや食物繊維が含まれています。ビタミンの成分としてはビタミンAとビタミンEが含まれています。ビタミンAは粘膜を健康に保つ効果があるので、目の働きを助け目の乾きを防ぎます。暗い場所で物が見えにくい鳥目の症状を予防する効果があります。ビタミンEには、抗酸化作用があるのでお肌の老化を防ぐアンチエイジング効果があるといわれています。ブルーベリーにはバナナよりも多く食物繊維が含まれています。ブルーベリーの食物繊維は整腸作用があるので、便秘解消や下痢を改善する効果があります。ブルーベリーには体に良い栄養素が多く含まれていますので、食生活の中に取り入れていくようにしましょう。